アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」32章256回

「三日かけて彼女をさがした。下宿屋のおかみは亡くなっているから、その妹を探すことにした。だれも妹がどこにいるのか知らなかった。いろいろ難儀したあげく、あるおばあさんが、感化院にいる従妹のことを教えてくれた。感化院の従妹の考えでは、妹は死んでいるだろうということだった。だけどブルームリーの新聞販売所に聞きに行けばいいと教えてくれた。でも新聞販売所は閉鎖されていて、だれもいなくなっていた。その店の引っ越しにかかわった男を見つけたら、その男はバウに行くようにと言った。別の新聞販売店があるんだ。その販売店のひとはポプラーに行くように言った。そこにはブッシュエルという名前のひとたちがいた。ブッシュエルという名前のひとたちは親切で、オールド・フォードに行くようにと教えてくれた。そこでふたたびバウに戻ってきた。あちらこちらを探し回って、ミセス・バトスンに出会ったのはオマートン・マーシュズで、洗濯屋のところで働いていた。それが今日のことだ」

「でも、最初のうち、彼女は冷静にうけとめていた。旦那がどこにいるのか知っていると言ったときも、そんな知識はあなたの頭にしまっておけばいいと言って、知りたがらなかった。とても冷静だったよ。彼がふたたび結婚していると言うまでは。その話をきいたら、彼女は歯ぎしりをしながら口をむすび、おれを睨みつけた。そこで知っていることを話し、彼をひそかにこわがらして、追いはらってくれたらありがたいということを話した。そうしたら『まかせて』と彼女は言ったんだ。『どこに住んでいるのか教えてくれたらいいわ』とも彼女は言った。『こわがらせてやるわ。』『たのむ』おれは言った。ただし条件はつけた。彼女は曲がり角のところで待っていて、おれが彼のところに出てくるようにという伝言を届けるというものだ。彼には十分だけ時間をあたえ、もし望むなら服をまとめ、言い訳をさせて、身辺整理をする時間をあげるつもりだった。静かに、平和に、賢く、事をすすめるつもりでいた。『だいじょうぶ』彼女は言った。『場所を教えてくれたら、あとはまかせて』だから彼女を連れて来たんだ。でも曲がり角に到着して、どの家から教えたら、彼女は扉をあけて、あんな大騒ぎをおこした。おれがとめるより早かった。言葉とは逆の行動をするなんて思いもしなかったよ」

 

“I bin three days findin’ ‘er. My old lan’lady’s dead, an’ I ‘ad to try an’ find ‘er sister. Nobody knew where the sister was, but after a lot o’ bother a old woman sends me to a cousin—in the workus. Cousin in the workus thinks the sister’s dead too, but tells me to go an’ ask at a newspaper-shop in Bromley. Newspaper-shop’s shut up—people gone. Find the man as moved ‘em, an’ ‘e sends me to Bow—another newspaper-shop. People there send me right back to Poplar; party o’ the name o’ Bushell. Party o’ the name o’ Bushel very friendly, an’ sends me to Old Ford; then I went to Bow again, an’ so I dodged about, up an’ down, till I run across Mrs. Butson up on ‘Omerton Marshes, keep-in’ a laundry. That was to-day, that was.

“Well, she took it mighty cool at first. When I told ‘er I knew where ‘er ‘usband was, she told me I might keep my knowledge to myself, for she didn’t want ‘im. Very cool she was, till I told ‘er ‘e’d married again, an’ at that she shut ‘er jaw with a snap, an’ glared at me. So I just told ‘er what I knew, an’ ‘ow it ‘ud be a charity to give ‘im a scare on the quiet, an’ send ‘im away from ‘ere, an’ ‘All right,’ she says. ‘Jest you show me where they live,’ she says; ‘I’ll give ‘im a scare!’ ‘Right,’ says I, but I made conditions. She wus to wait at the street-corner, an’ I was to send in a message for ‘im to come out. Then we was to give ‘im ten minutes to go an’ git ‘is clo’es, if ‘e wanted any, make any excuse ‘e liked, an’ clear out; so as to do it all quiet an’ peaceable, an’ nobody the wiser. ‘All right,’ she says, ‘jest you show me the place, that’s all!’ So I brought ‘er. But when we got to the corner an’ I told ‘er which ‘ouse, auf she went at a bolt, an’—an’ set up all that row ‘fore I could stop ‘er! Who’d ‘a’ thought of ‘er actin’ contradictory like that?”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.