アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」34章262回

「なんてことだ、その男を倒す時間を少しくれ」ブッシュエルさんは唸ると、洗濯場で、黄色い石鹸を冷たい水に泡立てながら、息をぷっと吹いた。彼は引き船から戻り、そこで洗濯をしていた。その声は、雷のように家の中に轟いた。だが、そこは二階で、他人に会話を乱されることはなかった。

 

「その男をたおせ、ごろつきを。その男をたおせ

 そうだ、そうだ! その男をたおせ!

 シンガポールの港から、陽気なロンドン・タウンへ戻ってきた

 なんてことだ、その男を倒す時間を少しくれ!」

 

 二階の踊り場では、「ひどいねえ! 気の毒なひとたちだね」ブッシュエルの奥さんは言った。太った奥さんは同情している様子で、ジョニーをみあげ、頭をふりながら、両手の指をかたく組み合わせた。「なんて可哀想なんだろう。もう誰のことも心配しなくていいよ。ああ、連中のことはわかるよ。それにメイの奥さんの気持ちも。でも、まだよかった。お前たちは大きいから、お母さんをささえてあげることができる。お父さんのことは何も言わないよ。恥知らずにも逃げ出すような男だもの。お父さんとお母さんがどうなるか想像もつかないけど。なかには、そういう親もいるからねえ。月曜日に、他の二部屋からでていく女の子も可哀想なんだよ。今では、もの静かで、立派なレディだけど。家から出て行かせてはいけないし、一週間はひきとめないといけないんだけど。その娘のために。あんな母親がいたら、落ち着ける住まいを見つけるのは難しいだろう。でも、ここにいると、母親が可哀想な娘の命を縮めるようなことをしてね。いつも酒を飲んでるんだ。とうとうパブの窓を割って、刑務所行きさ。ああ、ひきとめたいんだけどー」

 

“OH, give us some time to blow the man down!” roared Mr. Bushell, splashing and puffing amid much yellow soap and cold water in the wash-house, whither he had gone for a wash, on coming home from his tug. The voice thundered and rolled through the house, and on the first floor, strangers not used to it grew muddled in their conversation.

 

“Blow the man down, bully, blow the man down— To my Aye! Aye! Blow the man down! Singapore Harbour to gay London town— Oh, give us some time to blow the man down!”

 

Up on the first floor landing, “A-a-ah! pore dears!” said Mrs. Bushell, fat and sympathetic, looking up at Johnny, with her head aside and her hands clasped. “Pore dears! No, nobody shan’t disturb ‘em! Lor, ‘ow I do feel for ‘em; an’ you too, Mr. May. Lucky you’re growed up to be a comfort to yer pore mar! There—I won’t say nothin’ about yer father! Runnin’ away so disgraceful an’ all. But I can’t think what parents is comin’ to, some of ‘em. There’s the pore gal as is leavin’ the other two rooms o’ Monday, now—sich a quiet, well-be’aved young lady; we wouldn’t ‘a’ let ‘em stop a week if it wasn’t for ‘er sake, bein’ so ‘ard to find a respectable lodgin’s with sich a mother. But there—’er mother worries the pore thing’s life out—alwis drinkin’—an’ now she’s akchally in gaol for breakin’ a public-‘ouse winder! An’ I sez—”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.