アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」35章264回

 週がおわる頃、ヒックスは、自分の活躍ぶりに驚いていた。年があける頃になっても、彼はまだ驚き、いささか過度なくらいに誇りに思っていた。やがて人生の終わりをむかえる頃になっても、その週の英雄的行為について、些細な部分といえども忘れることはないだろう。バトスンの令状をもった警察官が来たり、ダンキンさんのところから若い男が商品のことで商品来たけれど、彼はそうした連中を追いはらった。他に半ダースくらいの連中が来たが、威勢よく、てきぱきと追いはらった。彼は新しい店を見つけた。実際、二十店舗ほどあった。そこでナン・メイも起きてきて店を選んだが、商売をするには絶望的な墓場を、知らないあいだに借りてしまうのではないかと心配した。だが、それは彼女をふるいたたせた。やらなければいけない仕事が見つかり、考えることができたからだ。いったん始めてしまうと、彼女は昔のように精力をかたむけて仕事にあたった。それはよく知り尽くした、なじみのある世界だった。店は、ハーバー・レーンのようなところにはなかったので、一番いいものでも、以前のような店ではなかった。さらにその場所は陰気な通りで、河も見えなければ、船も見えなかったけれど、そこで品物を売ることは見込みがありそうだった。それが肝心な事柄だった。ハーバー・レーンからの品物で、この店をいっぱいにしたことも、ヒックがおさめた成功だった。ハーバー・レーンから密かに、夜、手押し車にのせ、くすくす笑いながら運んできたのだが、それはカニングさんが狡猾な、延期作戦にでてからのことだった。彼は照れながらも大喜びでその話を語り、また店が哀しいことに空っぽになっていたことやら、ダンキンさんが月曜日の朝になって新しい自分の支店を開店したときの混乱ぶりやらについて語ったのだった。

 

AT the end of a week Long Hicks stood astounded at his own performances. At the end of a year he was still astonished, and proud inordinately; and till the end of his life he will never forget the smallest particular of that week’s exploits. The policeman who came with a warrant for Butson, the young man from Mr. Dunkin, who came about the stock, the other young man that came the next time—he polished them all off, and half a dozen others, in the most dashing and businesslike manner. He found a new shop—found a score of shops, in fact, so that Nan May was fain to rouse herself and choose, lest some hopeless sepulchre of trade were rented without her knowledge. And this was good, for it gave her work to do and to think of, and once set going, she buckled to her task with all her old energy, and a world of riper experience. The shop was not so fortunately placed as that at Harbour Lane, and trade was never quite so good as it had been there when at its best. More, its place was in a dingy street, out of sight of the river and the ships. But it was a fairly busy thoroughfare, and things could be sold there, which was the main consideration. And it was Hicks’s triumph to stock this shop with the stock from Harbour Lane—conveyed secretly by night, on a truck, with many chucklings, after cunning putting-off of Mr. Dunkin. The tale whereof he would tell ever after with bashful glee, together with the tale of the sad emptiness and disorganisation of Mr. Dunkin’s new branch at its opening on Monday morning.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.