アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」35章265回

そしてアイザックおじさんが―姪の新しい店のことは、とっくの昔に知っていた―、聞き手にしばしば請け合うのは、ヒックス氏が広範囲にわたる商売のやり手であり、企業経営の天才であるということであった。

「そう、天才だと言っているんだ、コッタムさん。非凡な才能の持ち主で、天才なんだよ。雨がぱらつく昼下がりに、コッタムさんとヒックスは、波止場近くの倉庫で雨宿りをしていた。やがて波止場から戻ってくる途中の、アイザックおじさんも、そこで合流した。

 コッタムさんは鼻をならした。彼は、以前、二回ほどアイザックおじさんに会ったことがあった。

「閣下」アイザックおじさんは話しかけると、賞賛の眼差しで、不安げなヒックスを見つめた。「閣下! もう少し野心というものがあれば、さらにご活躍されると思いますよ。なんて輝きが外交問題の亡者たちに射すことか。企業経営について話してください。どうして企業とか、ええっと、そうした組織がいいのかと。そう、ええっと、女王陛下の所有物にたいする大使のようなものだと、私は日ごろから言っているのですが」

 にわか雨の勢いが弱まり、男達は波止場へと出た。コッタムさんは、腰かけていたロープの山から立ち上がると、その場から視線をそらし、アイザックおじさんの頭上の壁を見つめた。「マンディさん!」彼は、期待にみちた群衆にむかって話をはじめるときの様子で、声高に呼びかけた。人さし指で相手の肩にふれると、そのまま、その指をアイザックおじさんの胸の上までおろした。「マンディさん!」

 それから彼が口をつぐむと、アイザックおじさんは言った。「やめてくれよ、コッタッムさん」

 沈黙はつづき、強烈なものになった。親方が顔をほころばせ、視線を下におとしていくと、やがてアイザックおじさんの目とあった。すると親方はくすりと笑い、ふざけて人さし指で突いた。「なんておしゃべりだ、冗談ばかり言って」コッタムさんは言った。そして波止場をどしどし歩いていくと、くすりと笑い、ずっとほくそ笑んでいた。

 

And Uncle Isaac (who found his niece’s new shop ere long) assured the listener by frequent proclamation, that Mr. Hicks was a gentleman of vast business ability, and a genius at enterprise.

“Yus, a genius, that’s what I say, Mr. Cottam—a genius of uncommon talent.” It was a wet afternoon, when Cottam and Hicks had taken ten minutes’ shelter in the round-house by the quay-side: and presently were joined by Uncle Isaac, on his way across from the docks.

Mr. Cottam grunted. He had met Uncle Isaac twice before.

“Lord!” Uncle Isaac went on, gazing at the uneasy Hicks with steadfast admiration, “Lord! If ‘e was on’y ambitious’ ‘e might be anythink! What a ornament ‘e ‘d be to a Diplomatic Corpse! Talk about Enterprise! Why at Enterprise an’ any sort o’ circumventions ‘e ‘s—’e ‘s—why there, as I alwis say, ‘e might be Ambashador to ‘er Majesty’s possessions!”

The shower flagged, and men carne out on the quays. Mr. Cottam rose from the coil he had been sitting on, took his gaze out of space, and fixed it on the wall over Uncle Isaac’s head. “Mr. Mundy!” he trumpeted, in the manner of a man beginning a speech to an expectant multitude; raising his forefinger to his shoulder and lowering it till it rested on Uncle Isaac’s chest; “Mr. Mundy!”

Then he paused, and Uncle Isaac said, “Yus, Mr. Cottam.”

The pause endured and grew impressive; till at last the foreman’s face relaxed, his gaze descended till it met Uncle Isaac’s, and he chuckled aloud, stabbing him playfully with the forefinger. “Why—what a windy of kidder you are!” said Mr. Cottam; and stamped off along the quay, croaking and chuckling all over.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.