アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」36章270回

「いつから気がついたんだ?」

「いつから気がついただと? ずっと気がついていたさ。他の連中も同じだ」

「それなのに一言も言わなかったんだな。警察にも」

「あいつだって可哀想なもんだよ、辛い目にあわせたくないじゃないか」

 これが謎めいた事件の真相だった。不思議でも何でもなかった。ふと線がまじわった偶然にすぎなかった。ただの偶然にすぎず、他の出来事と同じようなものであった。そしてアモスは、そうした考え方からすれば、たしかに正しかった。

 陽の光は、丘のうしろに消えていった。そして夕闇に顔が分からなくなりながらも、管理人は友達に手を振り続けた。そうだ、近々彼らに会いにロンドンに行こう。いつ頃になるだろうか。そうだ、近いうちに行こう。

 三人は一緒に、いい香りが漂う道を戻っていった。白い幽霊蛾がその道に舞い、新しい冒険の世界へと飛び立っていった。(完)

 

“And how long ha’ you known this?”

Knowed it? Knowed it all time, same as others.”

“An’ never said a word of it, nor told the police?”

“Why no,” Amos answered, with honest indignation.

“Wudn’t hey us get the poor chap in trouble, wud ye?”

And this was the mystery: nothing of wonder at all, nothing but a casual crossing of ways: just a chance from the hatful, like all the rest of it. And Amos—well, he was right, too, by such lights as he could see.

* * * * *

LIGHT was low behind the hills, and dusk dimmed the keeper’s honest face as he waved his friends goodbye. Yes, he would come to them in London, one of these days. Soon? Well, then, soon.

Together the three went down the scented lanes, where the white ghost-moths began to fly, and so into the world of new adventure.

THE END

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.