チェスタトン「マンアライヴ」一部一章第21回

「いい帽子なのになくした者がいるらしい」ウォーナー医師が簡潔に言った。

 彼が話したそのとき、別の物体が庭の塀をこえ、はためくパナマ帽のあとを追いかけ飛んできた。それは緑色の、大きな傘だった。そのあとで、ずいぶん大きな黄色の旅行鞄が唸りをあげながら飛んできた。さらにそのあとには人影がつづき、それは脚でできたプロペラをつけているようでもあり、マン島の盾に描かれている三本脚のようでもあった。

 だが雷光のせいで、その脚は五本にも、六本にも見えたけれど、二本脚のうえに留まった姿は、あの奇妙な電報の男さながらであった。それが形をとると、明るい色の髪をした大男が、休日の緑色の服装であらわれた。その明るいブロンドは風のせいで後ろになでつけられドイツ人のようにも、紅潮した真摯な顔はケルビムのようにも、上をむいて目をひく鼻は犬の鼻のようにも小さかった。しかしながら彼の頭は、肉体がないケルビンとは異なっていた。それどころか幅のひろい肩と巨大な体躯のうえにのっかっているので、彼の頭は奇妙にも、不自然なくらいに小さくも見えた。これは、彼が白痴であるという科学的な理論を提起するもので、さらに彼のふるまいが十分にそれを裏づけた。

 

“Somebody’s lost a good hat,” said Dr. Warner shortly.

Almost as he spoke, another object came over the garden wall, flying after the fluttering panama. It was a big green umbrella. After that came hurtling a huge yellow Gladstone bag, and after that came a figure like a flying wheel of legs, as in the shield of the Isle of Man.

But though for a flash it seemed to have five or six legs, it alighted upon two, like the man in the queer telegram. It took the form of a large light-haired man in gay green holiday clothes. He had bright blonde hair that the wind brushed back like a German’s, a flushed eager face like a cherub’s, and a prominent pointing nose, a little like a dog’s. His head, however, was by no means cherubic in the sense of being without a body. On the contrary, on his vast shoulders and shape generally gigantesque, his head looked oddly and unnaturally small. This gave rise to a scientific theory (which his conduct fully supported) that he was an idiot.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.