チェスタトン「マンアライヴ」一部二章56回

「なんて忌々しい!」ムーンは大声をあげると、突然、空になったクラレットの瓶をつかんだ。このワインは、僕がコルク栓をあけたワインの中でも、ひどく薄いものだし、汚らしいワインだ。それでも九年間、こんなに楽しんだワインはない。僕が荒々しくなったのは、たった十分前のことだ」それから彼が、びゅーと音を鳴らしながら瓶を投げると、ガラスの車輪と化しながら、その瓶は庭をこえ、道路のほうへと飛んでいった。夜の深い闇に沈んでいた道から、瓶が石のうえで砕けて割れる音がした。

「ムーン」アーサー・イングルウッドが、やや嗄れた声でいった。「そんなことで、それほど辛辣にならなくてもいいじゃないか。時勢には順応しないといけない。むろん、少し退屈に感じる連中もいるけど」

 

“Christ confound it!” cried out Moon, suddenly clutching the empty claret bottle, “this is about the thinnest and filthiest wine I ever uncorked, and it’s the only drink I have really enjoyed for nine years. I was never wild until just ten minutes ago.” And he sent the bottle whizzing, a wheel of glass, far away beyond the garden into the road, where, in the profound evening silence, they could even hear it break and part upon the stones.

“Moon,” said Arthur Inglewood, rather huskily, “you mustn’t be so bitter about it. Everyone has to take the world as he finds it; of course one often finds it a bit dull—”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.