チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第76回(修正)

「『スイスのロビンソン』のことを悪く言うんじゃない」イノセントは激昂し、大声で叫んだ。「あの物語は、自然科学としては正確なものだとは言えないかもしれない。だが哲学としては的確だし、正確なものだ。実際に難破してみて初めて、自分に本当に必要なものがわかるんだ。ほんとうに孤島にいるときは、そこが孤島だとは決して思わない。もしこの庭でほんとうに攻撃されるようなことがあるのなら、ここにあるとは知らなかった百種もの、イングランドの鳥やベリー類に気づく。雪のせいで、この部屋に閉じこめられたのなら、書架にまだ読んだことない本がたくさんあることに気がつき、それを読むことになるだろう。それから互いに話もするだろう。いい話もすれば、ひどい話もする。そんな話があることも知らないで、墓に入っていたのかもしれないような話だ。僕たちは、どんなことでも話をこしらえることができる。洗礼式も、結婚式も、葬儀も、戴冠式までも、話をこしらえることができる。もし共和国になろうと決心しなければの話だが。

 

“Don’t you say a word against the `Swiss Family Robinson,'” cried Innocent with great warmth. “It mayn’t be exact science, but it’s dead accurate philosophy. When you’re really shipwrecked, you do really find what you want. When you’re really on a desert island, you never find it a desert. If we were really besieged in this garden, we’d find a hundred English birds and English berries that we never knew were here. If we were snowed up in this room, we’d be the better for reading scores of books in that bookcase that we don’t even know are there; we’d have talks with each other, good, terrible talks, that we shall go to the grave without guessing; we’d find materials for everything— christening, marriage, or funeral; yes, even for a coronation— if we didn’t decide to be a republic.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.