チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第79回

「まちがいもいいところだ!」イノセント・スミスはさけぶと、かなり興奮した様子で跳び上がった。「光る物はすべて金だよ。とりわけ今、僕たちがいるのは独立国なんだから。もし独立の意味がわからないなら、独立国がもったいない。なんでも貴重な金属にすることができるんだよ。この世が始まるとき、人々がしたように。金が珍しいから、昔の人は金を選んだんじゃないんだ。君たち科学者なら、もっと珍しい瀝青を二十種類あげることができるだろう。人々が金を選ぶのは、金が輝いていたからなんだ。金を見つけるのは難しいよ。でも見つけたとしてごらん、それは綺麗なものじゃないか。金の剣で闘うことはできないし、金のビスケットを食べることもできない。ただ眺めることしかできない。そして、ここからも見ることができる」

 ここでスミスは思いがけない行動にでた。後ろに飛びのくと、庭園への扉を開け放ったのだ。同時に身振りで何かをしめしたが、その身ぶりは慣習にとらわれていないようには見えず、彼らには似つかわしくないもので、彼が手をメアリー・グレーの方にさしのべて芝生の方へと誘う様子は、まるでダンスに誘っているかのようだった。

 

“What a mistake that is!” cried Innocent Smith, leaping up in great excitement. “All is gold that glitters— especially now we are a Sovereign State. What’s the good of a Sovereign State if you can’t define a sovereign? We can make anything a precious metal, as men could in the morning of the world. They didn’t choose gold because it was rare; your scientists can tell you twenty sorts of slime much rarer. They chose gold because it was bright—because it was a hard thing to find, but pretty when you’ve found it. You can’t fight with golden swords or eat golden biscuits; you can only look at it—and you can look at it out here.”

With one of his incalculable motions he sprang back and burst open the doors into the garden. At the same time also, with one of his gestures that never seemed at the instant so unconventional as they were, he stretched out his hand to Mary Gray, and led her out on to the lawn as if for a dance.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.