チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第80回

 フランス窓はこうして開かれ、夜を中にいれたが、それは前日の夜よりもさらに美しい夜であった。西のほうは血の色であふれ、眠気をさそう炎が芝生にのびていた。庭園の木が一、二本、捻れた影をおとしていたが、陽光のせいでできる普通の影のような灰色でもなければ黒でもなく、どちらかと言えばアラベスクの文様のようで、東洋の金について記したページに、色鮮やかな菫色のインクで書かれた文様のようであった。日没は祝祭のような気配をおび、さらに神秘的な火に照らされて、ありふれた日常の品々も、その色のせいで、高価で、珍しい品を思い出させた。傾斜した屋根の粘土岩スレートは、孔雀がひろげた羽のように燃え、青と緑が神秘的に混ざり合っていた。赤茶色をした煉瓦でできた壁は十月の色合いで光っていたが、それはルビーの色であったり、熟成したポートワインの黄褐色であったりと、強いワインの色であった。太陽のせいで、すべての物も、人も、それぞれの色をまとい、炎をあげながら燃えているように思え、花火に火をつける人のようであった。イノセント・スミスは、その髪を-あわい金髪であった-異教の金の炎をかぶっているように見せながら、芝生を横切ると岩石庭園の岩の頂きへとむかった。

 

The French windows, thus flung open, let in an evening even lovelier than that of the day before. The west was swimming with sanguine colours, and a sort of sleepy flame lay along the lawn. The twisted shadows of the one or two garden trees showed upon this sheen, not gray or black, as in common daylight, but like arabesques written in vivid violet ink on some page of Eastern gold. The sunset was one of those festive and yet mysterious conflagrations in which common things by their colours remind us of costly or curious things. The slates upon the sloping roof burned like the plumes of a vast peacock, in every mysterious blend of blue and green. The red-brown bricks of the wall glowed with all the October tints of strong ruby and tawny wines. The sun seemed to set each object alight with a different coloured flame, like a man lighting fireworks; and even Innocent’s hair, which was of a rather colourless fairness, seemed to have a flame of pagan gold on it as he strode across the lawn towards the one tall ridge of rockery.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.