チェスタトン「マンアライヴ」一部四章第100回

 彼が彼女の手をとって外に出たところで、どういうわけか二人は初めて気がついたのだが、その家と庭園があるのは急な丘で、ロンドンを見おろす場所であった。その地が隆起した場所であるようにも、また秘密の場所であるかのようにも感じた。そこは壁で囲まれ、円形をした庭のようで、天国にある小塔の頂きにいるかのようだった。

 イングルウッドは夢心地で周囲をみわたすと、茶色の両目で隅々までむさぼるように眺めては、他愛のない喜びをうかべた。庭の草藪のむこうにある門の柵には、小さな槍の先端のような形をしたものがついていて、それが青色に塗られていることに、彼は初めて気がついた。青い槍型がひとつゆるみ、横をむいてしまっていることにも気がついた。その様子に彼は笑いそうになった。柵が曲がっている様子は優美なもので、害があるわけでもなく、面白いものであった。どのようにして柵が曲がったのか、誰のせいなのか、その男はどんなふうに柵をよじ登ったのかと考えた。

 

As he led her out by the hand they realized somehow for the first time that the house and garden were on a steep height over London. And yet, though they felt the place to be uplifted, they felt it also to be secret: it was like some round walled garden on the top of one of the turrets of heaven.

Inglewood looked around dreamily, his brown eyes devouring all sorts of details with a senseless delight. He noticed for the first time that the railings of the gate beyond the garden bushes were moulded like little spearheads and painted blue. He noticed that one of the blue spears was loosened in its place, and hung sideways; and this almost made him laugh. He thought it somehow exquisitely harmless and funny that the railing should be crooked; he thought he should like to know how it happened, who did it, and how the man was getting on.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.