チェスタトン「マンアライヴ」一部四章第113回

「人殺しはそこで食い止めろ」

 彼が叫んでいるとき、二発目の銃声が家の下の窓を震わせた。その音と共にウォーナー医師が飛ぶようにしてやってきたが、角を曲がるその姿は兎がはねているかのようだった。だがウォーナー医師がこちらへと到着する前に、第三発目の銃弾が響いたので、みんな耳がおかしくなった。彼らがその目で見たものは、二つの穴のむこうに広がる白い空で、不幸なウォーナーのシルクハットにあいた穴であった。それから逃亡中の医師は植木鉢につまずきながら、四人のところへとくると、牛がするように相手を見つめた。銃弾のあとが二か所あいた帽子は、彼の前方へと舗道をころがっていった。イノセント・スミスも角を曲がってきたが、まるで鉄道の列車のようだった。彼は、本来の姿の倍はあるように見えた。緑の服を着た巨人だ。大きなレボルバーが、その手のなかでまだ煙をあげていた。彼の顔は愉快そうであった。暗がりで、彼の目は星のように輝いた。黄色い髪の毛はあらゆる方向に逆立ち、まるでもじゃもじゃペーターのようだった。

 

“Stop that murderer there!”

Even as he shrieked a second shot shook the lower windows of the house, and with the noise of it Dr. Herbert Warner came flying round the corner like a leaping rabbit. Yet before he had reached the group a third discharge had deafened them, and they saw with their own eyes two spots of white sky drilled through the second of the unhappy Herbert’s high hats. The next moment the fugitive physician fell over a flowerpot, and came down on all fours, staring like a cow. The hat with the two shot-holes in it rolled upon the gravel path before him, and Innocent Smith came round the corner like a railway train. He was looking twice his proper size—a giant clad in green, the big revolver still smoking in his hand, his face sanguine and in shadow, his eyes blazing like all stars, and his yellow hair standing out all ways like Struwelpeter’s.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.