チェスタトン「マンアライヴ」一部四章第114回

この驚くべき場面が、静けさのなか、一瞬目に飛び込んできたけれど、イングルウッドには、他の恋人たちが芝生に立っている様子を見たときの感覚を、もう一度思い出すだけの時間があった。その感覚は切断面を見るような、透きとおる色を見るようなもので、体験からくるものというよりは、芸術作品から受ける感覚であった。灼熱色のゼラニウムが植わった割れた植木鉢、緑の服をきたスミスの巨体に黒い服を着たバルクの巨体、青い釘を打ちつけた背後の柵、ハゲワシの黄色いかぎ爪で柵をつかみ、ハゲワシの長い首をのばして目をこらしている見知らぬ男。舗道に転がるシルクハット。煙草を一服したときのように邪気がない、小さな雲となって庭をただよう煙。こうしたことすべてが、不自然なくらいに、ありありと鮮明に見えた。

 

Though this startling scene hung but an instant in stillness, Inglewood had time to feel once more what he had felt when he saw the other lovers standing on the lawn—the sensation of a certain cut and coloured clearness that belongs rather to the things of art than to the things of experience. The broken flowerpot with its red-hot geraniums, the green bulk of Smith and the black bulk of Warner, the blue-spiked railings behind, clutched by the stranger’s yellow vulture claws and peered over by his long vulture neck, the silk hat on the gravel, and the little cloudlet of smoke floating across the garden as innocently as the puff of a cigarette— all these seemed unnaturally distinct and definite.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.