チェスタトン「マンアライヴ」一部四章第117回

それからの二十分間は、ときどき、なかば開いた窓のなかから、スミスの上機嫌な声が遠く、轟くように聞こえてきた。だが、医師たちの静かな声は響いてはこなかった。娘たちは庭を歩きまわり、なんとか互いの気持ちを励まそうとした。マイケル・ムーンは重苦しい様子で、門のところでうなだれていた。そうした時間が終わる頃、ウォーナー医師は家から出てきたが、その顔はますます青ざめ、厳めしい顔はさらに厳めしく、魚の骨のような顔をした小男がその背後にいた。太陽の光のなかのウォーナー医師の顔が、絞首刑にさらされた判事のものであるなら、背後の小男の顔はさらに死者の顔に近かった。

 

From time to time during the next twenty minutes his distant boom of mirth could again be heard through the half-open window; but there came no echo of the quiet voices of the physicians. The girls walked about the garden together, rubbing up each other’s spirits as best they might; Michael Moon still hung heavily against the gate. Somewhere about the expiration of that time Dr. Warner came out of the house with a face less pale but even more stern, and the little man with the fish-bone face advanced gravely in his rear. And if the face of Warner in the sunlight was that of a hanging judge, the face of the little man behind was more like a death’s head.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.