チェスタトン「マンアライヴ」一部四章第119回

「彼はいくつも、たくさんの名前を使ってきた」医師は重々しく言った。「彼とかかわった者で、呪いをうけなかった者は誰もいない。あの男は、いいか、ミス・ハント、この世に血と涙の跡を残してきたんだ。彼が邪悪であり、また狂人なのかどうか、科学の観点から、見つけようとしている。どちらにしても、先ずは治安判事のところに彼を連れて行こう。たとえ狂人の収容施設へ送ることになろうとも。だが彼を閉じ込める収容施設は、壁のなかに壁をめぐらして封印したうえで、要塞のように銃声が響くものでなくてはいけない。そうしなければ彼はまた姿をあらわして、この世にふたたび殺戮や暗闇を産み落とすことだろう」

 ロザムンドは二人の医師を見つめたが、その顔から徐々に血の気がひいていった。それから彼女の視線はマイケルへとそれたのだが、彼は門によりかかっていた。だが彼は身じろぎすることなく寄りかかり、その顔は暗くなっていく道の方をむいていた。

 

“He has gone by many other names,” said the doctor gravely, “and not one he did not leave to be cursed behind him. That man, Miss Hunt, has left a track of blood and tears across the world. Whether he is mad as well as wicked, we are trying, in the interests of science, to discover. In any case, we shall have to take him to a magistrate first, even if only on the road to a lunatic asylum. But the lunatic asylum in which he is confined will have to be sealed with wall within wall, and ringed with guns like a fortress, or he will break out again to bring forth carnage and darkness on the earth.”

Rosamund looked at the two doctors, her face growing paler and paler. Then her eyes strayed to Michael, who was leaning on the gate; but he continued to lean on it without moving, with his face turned away towards the darkening road.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.