チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第120回

五章

寓話的でもあり実用的でもある男の話

 

 ウォーナー医師と一緒にきた犯罪の専門家は、柵をつかんで庭へと身をのりだした時に比べれば、やや都会風であり、こざっぱりとしていた。帽子をとったときには、彼はいくぶん若く見え、真ん中で分けた金髪がみえ、その両端は丹念に巻かれていた。動作は生き生きとしていて、とりわけ手をさかんに動かしていた。幅広の、黒い布で、首から片眼鏡をぶらさげてめかし込み、蝶ネクタイをした様子は、まるで宿り木のサルオガセモドキが絡まっているかのようだった。彼の身なりも、仕草も、少年のもののように明るく、溌剌としていた。魚の骨のような顔を見たときだけ、なにか惨めで、年老いたものが目にはいるのだった。  

 

The Allegorical Practical Joker

The criminal specialist who had come with Dr. Warner was a somewhat more urbane and even dapper figure than he had appeared when clutching the railings and craning his neck into the garden. He even looked comparatively young when he took his hat off, having fair hair parted in the middle and carefully curled on each side, and lively movements, especially of the hands. He had a dandified monocle slung round his neck by a broad black ribbon, and a big bow tie, as if a big American moth had alighted on him. His dress and gestures were bright enough for a boy’s; it was only when you looked at the fish-bone face that you beheld something acrid and old.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.