チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第161回

以前、説明したように、ビーコン・ハウスがあるのは、三日月のように弧を描きながら建物が続いているクレッセントの端であった。ビーコン・ハウスを囲んでいる小さな庭は、鋭く尖った形となり、さながら二本のストリートのあいまに突き出した緑の岬といったところである。スミスが乗った馬車は三日月の弧にそって走り去ったので、三日月の内側に立っていた人々は、もう二度と彼の姿を見ることはあるまいと考えた。しかしながら三日月の頂点にくると、彼は馬の向きをくるりとかえ、三日月のもう片方の弧にそって来たときと同じように荒々しく馬を走らせた。同じ衝動につき動かされ、そこにいた人々は芝生を横切って彼をとめようとしたのだが、すぐにもっともな理由から、身をかわしてさがっていた方がいいと判断した。彼がふたたび通りのほうへと消えるとき、大きな、黄色い鞄を手から放した。その鞄は庭の真ん中に落下しながら、人々を竹のようになぎ倒し、あやうくウォーナー医師のシルクハットに三度めの損傷をあたえるところであった。人々が落ち着きを取り戻したころには、馬車は消え去り、甲高い声も囁きとなっていた。

 

Beacon House stood, as has been said, at the end of a long crescent of continuous houses. The little garden that shut it in ran out into a sharp point like a green cape pushed out into the sea of two streets. Smith and his cab shot up one side of the triangle, and certainly most of those standing inside of it never expected to see him again. At the apex, however, he turned the horse sharply round and drove with equal violence up the other side of the garden, visible to all those in the group. With a common impulse the little crowd ran across the lawn as if to stop him, but they soon had reason to duck and recoil. Even as he vanished up street for the second time, he let the big yellow bag fly from his hand, so that it fell in the centre of the garden, scattering the company like a bomb, and nearly damaging Dr. Warner’s hat for the third time. Long before they had collected themselves, the cab had shot away with a shriek that went into a whisper.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.