チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第163回

「君になにか提案を聞くように頼んでいるわけではない」ムーンは静かに答えた。

「ただ聞いてほしいと言っているだけだ」

 彼が相手を黙らせようと手で制止するとすぐに、家の裏手の暗い通りに消えた筈の口笛がふたたび聞こえたが、今度は家の表の通りから聞こえてきた。夜闇にかすむ通りのほうから、その口笛は信じがたいほどの勢いで近づき、音が大きくなってきたかと思うと、次の瞬間には蹄が地をけりあげ、車輪に光が反射しながら、彼らが先ほど立っていたばかりの、青い柵の門へ飛びこんできた。スミス氏が御者台から降りてきたが、心ここにあらずという様子であった。そして庭の方へやってくると、相変わらず不遜な態度で立っていた。

 

“I don’t ask you to listen to any proposal,” answered Moon quietly;
“I only ask you to listen.”

He made a silencing movement with his hand, and immediately the whistling noise that had been lost in the dark streets on one side of the house could be heard from quite a new quarter on the other side. Through the night-maze of streets the noise increased with incredible rapidity, and the next moment the flying hoofs and flashing wheels had swept up to the blue-railed gate at which they had originally stood. Mr. Smith got down from his perch with an air of absent-mindedness, and coming back into the garden stood in the same elephantine attitude as before.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.