チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第171回

「君はつまり」もう片方が疑い深そうに言った。「こうした犯罪の意図を発見したということ言いたいのか。まるで色のついたジグゾーパズルを完成したようじゃないか。でも、そうしたものに何か意味があるとすればだが-これは言い過ぎた」

 さりげなく庭のほうをふりかえりながら、彼は月を見上げたが、その頃には月は大きく、光り輝いていたので、人間のように見える姿が庭の塀のうえに腰かけているのが見えた。月の光をあびて、その姿は黒々と浮かび上がりはしているものの、一目見ただけでは、人の姿かどうか確かめるのは難しかった。丸い肩も、逆立った髪の毛も、巨大な猫さながらの雰囲気があった。その姿が猫に似ているのはまた、びっくりした瞬間、やすやすと壁をよじのぼりながら駆けだした動作にもあった。だが駆けているあいだは、鈍重な肩も、下向きの小さな頭も、ヒヒを思わせるものだった。木のそばに近づくとすぐ、それは類人猿のように飛びはね、枝のあいだに消えていった。大風が、その頃には庭の灌木をゆらしはじめ、その姿を見つけるのはいっそう難しくなったのは、大風が一面の枝をゆさぶるせいで、逃げる者が揺らしていく枝も、風で揺れる枝の動きに溶け込んでしまったからだ。

 

“I suppose you mean,” said the other dubiously, “that we have got to find out what all these crimes meant, as if they were so many coloured picture-puzzles. But even supposing that they do mean something—why, Lord bless my soul!—”

Taking the turn of the garden quite naturally, he had lifted his eyes to the moon, by this time risen big and luminous, and had seen a huge, half-human figure sitting on the garden wall. It was outlined so sharply against the moon that for the first flash it was hard to be certain even that it was human: the hunched shoulders and outstanding hair had rather the air of a colossal cat. It resembled a cat also in the fact that when first startled it sprang up and ran with easy activity along the top of the wall. As it ran, however, its heavy shoulders and small stooping head rather suggested a baboon. The instant it came within reach of a tree it made an ape-like leap and was lost in the branches. The gale, which by this time was shaking every shrub in the garden, made the identification yet more difficult, since it melted the moving limbs of the fugitive in the multitudinous moving limbs of the tree.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.