チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第174回

この天幕のなかには、ずんぐりとしたデューク夫人の姿があって、クッションにもたれながら、その顔はすでにまどろんでいた。もう片方には起訴されたスミスがいて―いわば被告人席であろうか―寝室の軽い椅子で、その四辺を注意深く囲まれていた。椅子はどれも、彼がその気になれば、窓の外に足先で投げ飛ばすことのできるものだった。彼にはペンと紙が与えられた。その紙から、彼は紙のボートや紙の投げ槍、紙の人形をつくり、裁判のあいだずっと満足していた。彼は話すこともなければ、顔をあげることすらなく、無意識の状態にある様子は、まるで子供が空っぽの子供部屋の床に座りこんでいるかのようであった。

 

Inside this erection could be perceived the dumpy form of Mrs. Duke, with cushions and a form of countenance that already threatened slumber. At the other end sat the accused Smith, in a kind of dock; for he was carefully fenced in with a quadrilateral of light bedroom chairs, any of which he could have tossed out the window with his big toe. He had been provided with pens and paper, out of the latter of which he made paper boats, paper darts, and paper dolls contentedly throughout the whole proceedings. He never spoke or even looked up, but seemed as unconscious as a child on the floor of an empty nursery.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.