チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第183回

「私はケンブリッジのブリークスピア・カレッジで副学長をしている者です」断固としたモーゼスは読み上げた。「あなた方が哀れなスミスについて言われていることを証明します。私の不幸なる義務とは、彼が学部生だった頃、もう少し程度の軽いものではありましたが、数々の悪行をしていたことを非難するにとどまらないのです。実際、最後の悪行についても証言せねばなりません。それは学部生時代の終わりころのことでした。彼はブリークスピアの学長である私の友人の家の下を通りがかりました。それはカレッジと続いている建物で、ニ、三の古いアーチと支柱によって、橋のように、カレッジとつながっている建物です。そのあいだを水が流れ、その水は川へとつながっていくのです。びっくりしたことに、きわめて高い地位にある我が友が空中にぶらさがり、れんが積みにしがみついていました。その様子からも、態度からも、彼がひどい不安に苦しんでいることがわかりました。しばらくして大きな銃声が二発とどろいたとき、はっきりと気づいたのですが、学部生のスミスが学長の窓から身をのりだし、何度も、レボルバーを学長にむけたのです。私を見ると、スミスは大声をあげて笑いだしましたが、その横柄さには、狂気も混じっていました。ですが思いとどまったようでした。門番に梯子を取ってきてもらい、学長を痛ましい姿勢から引き離すことができました。スミスは退学処分となりました。同封した写真は、大学のライフルクラブの受賞者たちのものですが、大学にいた頃のスミスも写っています。あなたの忠実なる僕、アモス・ボールター」

 

“Hi am the Sub-Warden of Brikespeare College, Cambridge,” proclaimed the uncompromising Moses, “and I can endorse the description you gave of the un’appy Smith. It was not alone my unfortunate duty to rebuke many of the lesser violences of his undergraduate period, but I was actually a witness to the last iniquity which terminated that period. Hi happened to passing under the house of my friend the Warden of Brikespeare, which is semi-detached from the College and connected with it by two or three very ancient arches or props, like bridges, across a small strip of water connected with the river. To my grive astonishment I be’eld my eminent friend suspended in mid-air and clinging to one of these pieces of masonry, his appearance and attitude indicatin’ that he suffered from the grivest apprehensions. After a short time I heard two very loud shots, and distinctly perceived the unfortunate undergraduate Smith leaning far out of the Warden’s window and aiming at the Warden repeatedly with a revolver. Upon seeing me, Smith burst into a loud laugh (in which impertinence was mingled with insanity), and appeared to desist. I sent the college porter for a ladder, and he succeeded in detaching the Warden from his painful position. Smith was sent down. The photograph I enclose is from the group of the University Rifle Club prizemen, and represents him as he was when at the College.— Hi am, your obedient servant, Amos Boulter.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.