チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第187回

「いいじゃないか。伯母が好きだということに関しても」ムーンは始めた。「ぼくは思うんだが―いや、おそらく君が言うように、伯母は問題ではほとんどない。繰り返すけど、抽象的な思索にしたがうつもりはない。だから、たしかにピム博士に対する僕の答えは厳しいし、容赦ないものなんだけど。ピム博士が語っているのは、殺人の心理学の片面だけだ。殺人をおかしてしまう傾向を生まれつき備えた男の存在が真実なら」ここで彼は重々しく声をおとした。「殺される傾向を生まれつき備えている男の存在も、真実ではないだろうか。ウォーナー博士がそういう男であるということは、少なくとも、その分野を支える仮説ではないだろうか。僕は本を持たずに話をしないし、学識のある僕の友人も同様だから言うけれど。こうしたこと全般については、ムーネンシャイン博士の記念碑的研究『壊れやすい博士たち』に、図表いりで論述されている。その研究は、ウォーナー博士みたいな男を分解する方法について、いろいろ教えてくれるものだ。そうした方面に光をあてると」

 

“Why, as to liking her,” began Moon, “I—but perhaps, as you say, she is scarcely the core of the question. I repeat that I do not mean to follow the abstract speculations. For, indeed, my answer to Dr. Pym is simple and severely concrete. Dr. Pym has only treated one side of the psychology of murder. If it is true that there is a kind of man who has a natural tendency to murder, is it not equally true”—here he lowered his voice and spoke with a crushing quietude and earnestness—”is it not equally true that there is a kind of man who has a natural tendency to get murdered? Is it not at least a hypothesis holding the field that Dr. Warner is such a man? I do not speak without the book, any more than my learned friend. The whole matter is expounded in Dr. Moonenschein’s monumental work, `The Destructible Doctor,’ with diagrams, showing the various ways in which such a person as Dr. Warner may be resolved into his elements. In the light of these facts—”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.