チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第190回

学識高い我が友の例にならい、手紙のうち二通だけを読もう。最初は、ハロー・ロードに住んでいる正直で、勤勉な寮母からのものだ」

「サー・ムーン様

ええ、わたしは彼にソースパンを投げました。なぜかって? それしか投げられるものがなかったものですから。柔らかいものは全部どこかに消えていたので。もしウォーナー博士がソースパンを投げつけられたくないと思うのなら、ご婦人の居間では帽子をとるように伝えてください。それからにやにやしたり、冗談をいったりすることも止めるように伝えてください。ハンナ・マイルズ」

「もう一通はダブリンに住む医者からのものだ。その医者といっしょに、ウォーナー博士は医師の協議会で働いていた。彼はこう書いてきた」

「拝啓

 その件について知り、私も誠に遺憾に思わざるをません。ただ説明申し上げることも不可能なのです。私が専門としている医学分野は精神面ではありませんから、精神の専門家の見解をいただけたら嬉しく思います。それは瞬時の出来事で、無意識の行動でもありました。しかしながら、私がウォーナー博士の鼻をひっぱったと言うのは、不正確な表現であり、重要な出来事に思えるのです。彼の鼻にパンチをくらわせたことは、よろこんで認めますし、いささかの悔いも感じてはおりません。ですが「ひっぱる」と言うと、それは正確な目標があり、その目標とは近づけないもののように思えます。これと比較すると、「パンチをくらわせる」という行為は外にむかった行為であり、瞬間的なものであり、自然なふるまいなのです。どうぞ信じていただけたらと思います。バートン・レストランジ」

 

Following the example of my learned friends I will read only two of them. The first is from an honest and laborious matron living off the Harrow Road.

“Mr. Moon, Sir,—Yes, I did throw a sorsepan at him. Wot then? It was all I had to throw, all the soft things being porned, and if your Docter Warner doesn’t like having sorsepans thrown at him, don’t let him wear his hat in a respectable woman’s parler, and tell him to leave orf smiling or tell us the joke.—Yours respectfully, Hannah Miles.

“The other letter is from a physician of some note in Dublin, with whom Dr. Warner was once engaged in consultation. He writes as follows:—

“Dear Sir,—The incident to which you refer is one which I regret, and which, moreover, I have never been able to explain. My own branch of medicine is not mental; and I should be glad to have the view of a mental specialist on my singular momentary and indeed almost automatic action. To say that I `pulled Dr. Warner’s nose,’ is, however, inaccurate in a respect that strikes me as important. That I punched his nose I must cheerfully admit (I need not say with what regret); but pulling seems to me to imply a precision of objective with which I cannot reproach myself. In comparison with this, the act of punching was an outward, instantaneous, and even natural gesture.— Believe me, yours faithfully, Burton Lestrange.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.