チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第204回

「ああ、よくわからないけど」マイケルは物憂げに立ち上がった。「いいかい、君たちはまだ知らないんだよ、僕たちの抗弁がどんなものだか。それが分からないんだから、どんなことでも関連がある。そうだ、考えてごらん」彼は考えがうかんだかのように、急いで言った。「私たちが証明したいのは、学長が色盲だということだと考えてごらん。撃ってきたのは白い髪をした黒人なのに、学長が考えている犯人とは黄色い髪をした白人だと考えてごらん? あの雲がまぎれもなく珊瑚色をしているかどうか確かめることは、とても大切なことかもしれない」

 彼は口をつぐみ、真摯な様子をみせてから―他の人の共感をよぶ態度ではなかったがー、あいかわらずの流暢さでつづけた。「あるいはこう考えてごらん、学長は自殺をはかったのだと我々は主張したいのだと。彼がスミスに銃をもたせたのは、ブルータスの奴隷が剣を持たされたのと同じようなものだと考えてごらん。いいかい、大事なことは、学長が流れのなない水面に自分の姿をはっきりと見ているかどうかなんだ。流れのない水のせいで、何百人と自殺している。なぜなら自分というものが、あまりにもよく見えてしまうから。はっきりと見えてしまうんだ」

 

“Oh, I don’t know,” said Michael, lifting himself lazily; “you see, you don’t know yet what our defence is. Till you know that, don’t you see, anything may be relevant. Why, suppose,” he said suddenly, as if an idea had struck him, “suppose we wanted to prove the old Warden colour-blind. Suppose he was shot by a black man with white hair, when he thought he was being shot by a white man with yellow hair! To ascertain if that cloud was really and truly coral-coloured might be of the most massive importance.”

He paused with a seriousness which was hardly generally shared, and continued with the same fluency: “Or suppose we wanted to maintain that the Warden committed suicide—that he just got Smith to hold the pistol as Brutus’s slave held the sword. Why, it would make all the difference whether the Warden could see himself plain in still water. Still water has made hundreds of suicides: one sees oneself so very—well, so very plain.”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.