チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第210回

「スミスは安堵すると、輝く水たまりから輝く空へと視線を転じ、広々とした建物が黒く見えているカレッジを見つめた。星以外に見えている唯一の明かりと言えば、建物の上階の方から、緑色のカーテンごしにもれてくる光であったが、その部屋の主はエマーソン・イームズ博士で、博士はそこで明け方まで研究したり、友人やお気に入りの生徒たちであれば、夜のいかなる時であろうと訪問を受けていた。実際、ふさぎこんだスミスが向かおうとしていたのは、まさに博士の部屋であった。スミスは、午前中の前半、イームス博士の講義をうけ、後半ではサロンでピストルの練習やフェンシングをした。午後の前半、死にもの狂いで舟をこぎ、後半になれば、ぼんやりと、いやむしろ、死にもの狂いに思索にふけった。夕食をとりに行くと、そこでの彼は騒々しかった。討論クラブにも参加したが、スミスは憂鬱そうにじっとしていた。それから彼は下宿にもどり、友人たちの、それから師であるブレークスピア・カレッジの学長の奇行の数々を思い出し、ついには向こう見ずにも、その紳士の個宅にはいる決心をした。

 

“Smith looked up with relief from the glittering pools below to the glittering skies and the great black bulk of the college. The only light other than stars glowed through one peacock-green curtain in the upper part of the building, marking where Dr. Emerson Eames always worked till morning and received his friends and favourite pupils at any hour of the night. Indeed, it was to his rooms that the melancholy Smith was bound. Smith had been at Dr. Eames’s lecture for the first half of the morning, and at pistol practice and fencing in a saloon for the second half. He had been sculling madly for the first half of the afternoon and thinking idly (and still more madly) for the second half. He had gone to a supper where he was uproarious, and on to a debating club where he was perfectly insufferable, and the melancholy Smith was melancholy still. Then, as he was going home to his diggings he remembered the eccentricity of his friend and master, the Warden of Brakespeare, and resolved desperately to turn in to that gentleman’s private house.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.