チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第236回

上記の話を構成しているものは、下記に署名した人物の意見であり、手紙の書き方としては新しいものである。二人についてはそれぞれ語られているが、それは相手の目にうつる己の姿なのである。下記に署名する者は、この物語が正確であることを保証するものである。もし疑問がある場合、下記に署名する者は、自分たちが知らない事柄について知りたいと思う次第である。

下記に署名する者は、「スポッティッド・ドッグ」へと席をうつしてビールをのむことにする。敬具

ケンブリッジ・ブレークスピア・カレッジの学長 ジェームズ・エマーソン・イームズ

イノセント・スミス

 

“The above narrative has been constructed on a principle which is, in the opinion of the undersigned persons, new in the art of letters. Each of the two actors is described as he appeared to the other. But the undersigned persons absolutely guarantee the exactitude of the story; and if their version of the thing be questioned, they, the undersigned persons, would deucedly well like to know who does know about it if they don’t.

“The undersigned persons will now adjourn to `The Spotted Dog’ for beer. Farewell.

                              “(Signed) James Emerson Eames,
                  “Warden of Brakespeare College, Cambridge.

“Innocent Smith.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.