チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第236回

「それほど多くの言葉は求められてないんだ」イングルウッドは言った。「この事件の結論をだすにあたって。たしかに依頼人はピストルを持ち歩いた。それは普通ではないけれど、自分を冒涜する相手に対して、健全なる脅かしをかけたいからであって、そういう無邪気な目的からでた行為だ。どの事件も、脅かしが健全なものだったから、犠牲者は更生したと記したんだよ。スミスは狂気の人にはほど遠く、むしろ狂気の博士といったところだ。世界を歩きまわって精神を錯乱した者たちを治療するけど、そういう人たちの邪魔はしない。これが答えだよ。検察側に投げかけた二つの質問に対する答えだ。答えにくい質問だったけど。こういうわけでピストルをつきつけられても、誰も何も言おうとしなかったんだ。ピストルをつきつけられた者は皆、実際のところ、ピストルのせいで利益を得たと告白しているんだ」

 

“Very few words,” said Inglewood, “are required to conclude our case in this matter. Surely it is now plain that our client carried his pistol about with the eccentric but innocent purpose of giving a wholesome scare to those whom he regarded as blasphemers. In each case the scare was so wholesome that the victim himself has dated from it as from a new birth. Smith, so far from being a madman, is rather a mad doctor— he walks the world curing frenzies and not distributing them. That is the answer to the two unanswerable questions which I put to the prosecutors. That is why they dared not produce a line by any one who had actually confronted the pistol. All who had actually confronted the pistol confessed that they had profited by it.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.