チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第237回

こういうわけでスミスは優秀な狙撃手であったけれど、その玉は誰にもあたりはしなかった。彼が誰にも玉をあてなかったのは、優秀な狙撃手だったからだ。彼の心には殺人の考えはなかった。彼の手に血がついていなかったように。これこそが、こうした事実を、そして他のすべての事実すべてを説明することだ。誰も学長のふるまいを説明できないし、学長の話を信じるしかない。独創的な理論の製造場所であるピム博士にしても、この場合にあてはまる他の理論を思いつかなかったのだ。」

「催眠状態にかかった二重人格だというなら、可能性のある考え方だ」サイラス・ピム博士は夢みるように言った。「犯罪学はまだ揺籃期にあって、そしてー」

 

That was why Smith, though a good shot, never hit anybody. He never hit anybody because he was a good shot. His mind was as clear of murder as his hands are of blood. This, I say, is the only possible explanation of these facts and of all the other facts. No one can possibly explain the Warden’s conduct except by believing the Warden’s story. Even Dr. Pym, who is a very factory of ingenious theories, could find no other theory to cover the case.”

“There are promising per-spectives in hypnotism and dual personality,” said Dr. Cyrus Pym dreamily; “the science of criminology is in its infancy, and—”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.