文楽ビギナーが夏祭浪花鑑を歌舞伎・文楽で見比べた 其の四

お辰の笑いは極道の妻、ヤンキー女の笑いだった!

 

文楽の登場人物の行動は、あまりに突飛すぎて理解できないこともしばしば(…と言うほど観ていないが)。

釣船三婦内(つりぶねさぶうち)の段でのお辰の行動も理解できないもののひとつ。

三婦に「こなたの顔に色気がある」から、若い男を預けるわけにはいかないと言われたお辰、火鉢にかけてあった熱い鉄弓をとって顔におしあてる。「疵は痛みはしませかぬの」と訊かれると、お辰は袖で顔を覆いながら答える。

「なんのいな、わが手にしたこと、ホホ、ホホ、オホホホホホホ、オオ恥かし」

この笑いと「恥かし」という言葉が分からない、なぜなんだなろうと思いながら文楽を観ていた。

歌舞伎の方では、この笑いはなかった。「オオ恥かし」はあったような、なかったような…よく覚えていない(歌舞伎には、床本がないのです)。

でも国立劇場のサイトに仲野徹氏が書かれている「任侠物として観る夏祭浪花鑑」を読むうちに、この笑いが理解できたような気が少ししてきた。仲野氏の説明によれば

「お辰は極道の妻である。若い頃、『根性焼き』をするようなヤンキー女だったに違いない。性根の坐り方がちがうのだ。そうでないと、とっさにそんな行動はとらないだろう」

もしかして、このホホは、ヤンキー女が余裕でうかべる笑いなんだろうか?

「オオ恥かし」は、こんな痛みくらいでヤンキー女である自分がそりかえったことへの「恥かし」なんだろうか?と想像ができた。

歌舞伎の場合、あまりにヤンキー女色をだすと、役者さんのイメージダウンになるから、この凄味のきいた「ホホホ」はカットしたのかと勝手に考えている。

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 夏祭浪花鑑2017年7月, 文楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.