チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第241回

「そういうところですよ」博士は同意した。

「それなら」ムーンは続けた。「なぜそうしないのかと彼に訊かれたとき、誕生日とは喜ぶものではないからと答えたと思いますが。同意されますよね? 今、私たちの話の真実味に疑いをはさむ者がいるだろうか?」

 室内には、沈黙がつめたく砕けちった。そしてムーンは言った。「パックス・ポプレ・ウォークス・ダエ。人々の沈黙は神の声なり。あるいはピム博士のもっと礼儀正しい言葉では、次の告訴にすすむかどうかは彼次第である。この点について、私たちは無罪を請求する。」

一時間ほどすると、サイラス・ピム博士は例のないほど長い時間、目をつぶって、親指も、指も宙につきだしていた。彼は、乳母がよく使う言い方によれば、とても「深く感じいっている」ように思えた。死んだような沈黙のなか、マイケル・ムーンはなにか指摘することで緊張をほぐそうとした。

 

“Something like that,” assented the doctor.

“Then,” continued Moon, “he asked you why not, and you said it was because you didn’t see that birth was anything to rejoice over. Agreed? Now is there any one who doubts that our tale is true?”

There was a cold crash of stillness in the room; and Moon said, “Pax populi
vox Dei; it is the silence of the people that is the voice of God. Or in
Dr. Pym’s more civilized language, it is up to him to open the next charge.
On this we claim an acquittal.”

It was about an hour later. Dr. Cyrus Pym had remained for an unprecedented time with his eyes closed and his thumb and finger in the air. It almost seemed as if he had been “struck so,” as the nurses say; and in the deathly silence Michael Moon felt forced to relieve the strain with some remark.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.