チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第248回

ムーンは、五分間、顔当惑した陰鬱な表情をうかべていたが、突然ひらめくと、片方の手をあげて食卓をたたいた。

「ああ、わかったぞ」彼はさけび声をあげた。「スミスが泥棒だと言いたいんだね」

「そのことについては十分わかりやすく説明したと思うが」ピム氏は言うと、目をつむった。この滅茶苦茶な裁判は典型的な私設裁判で、エキストラはすべて雄弁、どちらの側も美辞麗句をならべ、脱線をするばかりで苛立ちをつのらせ、たがいに理解できないでいた。ムーンには、なぜ新しい文明が重々しいのかが理解できなかった。ピムには、古い文明がなぜ陽気なのかが理解できなかった。

 

Moon, whose face had gone through every phase of black bewilderment for five minutes past, suddenly lifted his hand and struck the table in explosive enlightenment.

“Oh, I see!” he cried; “you mean that Smith is a burglar.”

“I thought I made it quite ad’quately lucid,” said Mr. Pym, folding up his eyelids. It was typical of this topsy-turvy private trial that all the eloquent extras, all the rhetoric or digression on either side, was exasperating and unintelligible to the other. Moon could not make head or tail of the solemnity of a new civilization. Pym could not make head or tail of the gaiety of an old one.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.