チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第226回

私が思いますに、このとき、尋常ではない妨げがはいったのです。力強くて、見上げるような大男が、その体に漆喰を少しつけながら、ホール中央に立ち、大きな、牡牛のように轟く声で報告をしました。それは外国の言葉のように思えるものでした。私の同僚であるレイモンド・パーシィ師は、話の程度を頓智比べにまで下げましたので、勝利をおさめたように思えました。その集まりは、最初のうちは、丁寧な物腰で進んでおりました。しかしながら私が十二の文を言い終わらぬうちに、演台の方にむかって突進してくる者たちがいました。とりわけ大男の漆喰屋は、我々の方につっこみ、大地を象のように揺らしました。その男と同じくらいに大きいけれど、それほど風体がみすぼらしくない男が飛び上がって、その男を追いやらなければ、どうなっていったか分かりません。この大男は、群衆にむかって演説のようなことを叫びながら、こちらに戻ってきました。その男が話した内容は知りません。でも叫びながら、行ったり来たりして、ばか騒ぎをするうちに、私たちを扉の外へと連れ出しました。いっぽう、惨めな人々は別の廊下を駆けていきました。

 

It was, I think, about this time that an extraordinary interruption occurred. An enormous, powerful man, partly concealed with white plaster, arose in the middle of the hall, and offered (in a loud, roaring voice, like a bull’s) some observations which seemed to be in a foreign language. Mr. Raymond Percy, my colleague, descended to his level by entering into a duel of repartee, in which he appeared to be the victor. The meeting began to behave more respectfully for a little; yet before I had said twelve sentences more the rush was made for the platform. The enormous plasterer, in particular, plunged towards us, shaking the earth like an elephant; and I really do not know what would have happened if a man equally large, but not quite so ill-dressed, had not jumped up also and held him away. This other big man shouted a sort of speech to the mob as he was shoving them back. I don’t know what he said, but, what with shouting and shoving and such horseplay, he got us out at a back door, while the wretched people went roaring down another passage.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.