2017.9 隙間読書 グラディス・ミッチェル『灯台の殺人』

『灯台の殺人』

作者:グラディス・ミッチェル

訳者:宮脇孝雄

今週末のグラディス・ミッチエル「月が昇るとき」読書会にむけて、『灯台の殺人」を慌てて読んだ。

この先、ネタバレあり。

最後のミセス・ブラッドリーの推理に手をたたきそうになって、一瞬、冷静になる。こんな推理で、私は犯人にされたくないと。

灯台に来たばかりで潮の流れを知らなかったから、死体を灯台から捨てた…だから新入りが犯人だ…という推理は安易ではなかろうか。パニックにおちいって死体を投げ捨てたかもしれないし。どうも、この推理は弱い気がする。

さらに疑問が…。

灯台に四人も勤務しているものだろうか。日本の灯台は、とても孤独な感じがするのだが。

背中にナイフが刺さった状態で灯台から死体を放り投げたら、ナイフは死体からはずれてしまうのではないだろうか?やったことはないから分からないけれど。

疑問はふつうつとわいてくるが、灯台守の暮らしの様子も、西スコットランドなまりで話す様子も訳文のおかげだろう、いかにも雰囲気があって、たっぷり楽しめた。もっとグラディス・ミッチェルの短編が読みたいものだ。

2017年9月20日読了

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2017年, 読書日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.