チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第230回

聖職者の仲間にたいして、無理もないことですが、疑いつづけていると、高さがあまりない梯子を見つけました。それは道より一段高いところへとかかっていました。思慮に欠けた仲間が梯子にわっと駈けよったものですから、私も後をついていくしかありませんでした。梯子をのぼり、私が足をおろした小道は、見たこともないくらい狭い場所でした。こんなに狭い通路を歩かなければいけなくなったことはありません。その通路の片側は、暗い闇につつまれ、最初、しっかりと密に茂った藪らしいものが繁茂していました。ややして、それが藪ではないことに気がつきました。高さのある木々の頂きだったのです。この私が、英国の紳士であり、英国国教会の聖職者である私が、まるで雄猫のように庭の塀の上を歩いていたのです。

 

“I was just repeating my very natural doubt to my clerical companion when I was brought up against a short ladder, apparently leading to a higher level of road. My thoughtless colleague ran up it so quickly that I could not do otherwise than follow as best I could. The path on which I then planted my feet was quite unprecedentedly narrow. I had never had to walk along a thoroughfare so exiguous. Along one side of it grew what, in the dark and density of air, I first took to be some short, strong thicket of shrubs. Then I saw that they were not short shrubs; they were the tops of tall trees. I, an English gentleman and clergyman of the Church of England—I was walking along the top of a garden wall like a tom cat.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.