チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第231回

幸いにも、私は最初の五歩で立ちどまって、無理もない咎めだてを仲間にあびせつつ、できるだけ上手に平衡をとりました。

「通行権というものだ」擁護のしようがない案内人は言いました。

「百年間、ここは通行を禁じられていた」

「パーシィ師、パーシィ師」私は呼びたてました。「この悪漢と一緒に行かないでしょうね?」

「いいではないか、そうするつもりだ」私の不幸な仲間は軽々しく答えた。「あなたと私の方が、ずっと体の大きな悪漢ではないか。彼の正体が何であろうとも」

「私は泥棒だとも」この大男は動じることなく説明した。「フェビアン協会の一員なのだから。資本家に搾取された財産を返してもらうだけなんだ。内乱や革命をおこして一掃することなしに。特別な機会にふさわしい改革によって返してもらうんだ。ここで少し、あっちで少しというふうに。ひな壇ぞいの五番目の家が見えるかい? 平らな屋根の家だ。今夜、あの家におしいるつもりだ」

“I am glad to say that I stopped within my first five steps, and let loose my just reprobation, balancing myself as best I could all the time.

“`It’s a right-of-way,’ declared my indefensible informant.
`It’s closed to traffic once in a hundred years.’

“`Mr. Percy, Mr. Percy!’ I called out; `you are not going on with this blackguard?’

“`Why, I think so,’ answered my unhappy colleague flippantly. `I think you and I are bigger blackguards than he is, whatever he is.’

“`I am a burglar,’ explained the big creature quite calmly. `I am a member of the Fabian Society. I take back the wealth stolen by the capitalist, not by sweeping civil war and revolution, but by reform fitted to the special occasion—here a little and there a little. Do you see that fifth house along the terrace with the flat roof? I’m permeating that one to-night.’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.