チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第232回

「それが犯罪だろうと、冗談であろうと」私は大声をあげた。「ごめんこうむりたい」

「梯子なら、あなたのすぐうしろにありますよ」その男は怖ろしいほどの礼儀正しさで言った。「でも立ち去る前に、わたしの名刺をさしあげましょう」

もし、なんらかの分別をみせる冷静さがあったなら、そんなものは捨て去ったのですが。そうした類の妥当な身ぶりが、塀のうえでの私の平衡状態に影響をおよぼしたとしてもです。そのまま、そのときの荒々しい雰囲気のなかで、私はその名刺をベストにしまい、壁と梯子のほうへと戻り、ふたたび見苦しくはない通りへと戻りました。しかしながら、歩き出すまえに、私のこの目が見ました二つの光景はひどいもので、悲しむべきものでした。その泥棒は煙突の方へと傾斜した屋根をのぼって、レイモンド・パーシィー師(神の司祭であり、さらに悪いことにジェントルマンである方なのです)が、彼のあとにつづいて這い登っていました。その日から、ふたりとも見かけたことはありません。

 

“`Whether this is a crime or a joke,’ I cried, `I desire to be quit of it.’

“`The ladder is just behind you,’ answered the creature with horrible courtesy; `and, before you go, do let me give you my card.’

“If I had had the presence of mind to show any proper spirit I should have flung it away, though any adequate gesture of the kind would have gravely affected my equilibrium upon the wall. As it was, in the wildness of the moment, I put it in my waistcoat pocket, and, picking my way back by wall and ladder, landed in the respectable streets once more. Not before, however, I had seen with my own eyes the two awful and lamentable facts— that the burglar was climbing up a slanting roof towards the chimneys, and that Raymond Percy (a priest of God and, what was worse, a gentleman) was crawling up after him. I have never seen either of them since that day.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.