チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第234回

ムーンは、その手紙をちらりと見ただけだった。告発者が、そんなに重々しい文書を思いつくはずがないことは分かっていたし、モーゼス・グールドは教会法典を読めないのだから、書けるはずもないことは分かっていた。その紙を戻すと、彼は立ち上がり、窃盗行為についての弁護をはじめた。

 

Moon merely went through the form of glancing at the paper. He knew that the prosecutors could not have invented so heavy a document; that Moses Gould (for one) could no more write like a canon than he could read like one. After handing it back he rose to open the defence on the burglary charge.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.