チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第238回

「アーサー」マイケル・ムーンは腰をおろしながら指図した。「手を煩わせるが、レイモンド・パーシーが法廷にあてた手紙を読んでくれ」

「お望みとあれば、ムーンが言ったように、できるだけ簡潔に読むとしょう」イングルウッドは答えた。「私たちに送られてきた手紙だけど、最初の部分を読むことはやめておく。起訴人にすれば、もっともなことにすぎない。事実に関した部分についていえば、第二の聖職者が残した記述は完全に認められているからだ。そこで、大聖堂会員の話はある程度正しいものと考える。この事実は、起訴人にすれば大切なことにちがいないし、法廷にすれば有用なことにちがいない。まずはパーシーの手紙から読むとしよう。三人の男たち全員が庭の塀にいたところからだ」

 

“Arthur,” directed Michael Moon, sitting down, “kindly read
Mr. Raymond Percy’s letter to the court.”

“Wishing, as Mr. Moon has said, to shorten the proceedings as much as possible,” began Inglewood, “I will not read the first part of the letter sent to us. It is only fair to the prosecution to admit the account given by the second clergyman fully ratifies, as far as facts are concerned, that given by the first clergyman. We concede, then, the canon’s story so far as it goes. This must necessarily be valuable to the prosecutor and also convenient to the court. I begin Mr. Percy’s letter, then, at the point when all three men were standing on the garden wall:—

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.