チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第248回

煙の色は変化に富んでいるが、どれも尋常ではないものに見え、魔女の鍋から立ちあがる湯気のようであった。それはいかがわしく、醜いかたちのものが、魔女の鍋のなかでかたちをくずしていき、やがて別々の蒸気となって、煮込んでいる肉や魚どおりの色にそまっていくようであった。此方では、下で輝いているのは暗赤色の煙で、まるで生贄の血で黒ずんだ壺のように空を漂っていく。其方では煙は薄墨色をしていて、地獄のスープに浸された魔女の長い髪のようだ。何処かでは、煙は光沢のない象牙色で、あたかもハンセン病患者を模した、魂が遊離した古い蝋人形のようだ。しかも煙を横切る筋が一筋はしり、その線は煌々と輝く、禍々しい色の、地獄の鬼火のような緑色が、アラビア文字のようにくっきりと鮮明に歪んでいた。

 

And yet, though the tints were all varied, they all seemed unnatural, like fumes from a witch’s pot. It was as if the shameful and ugly shapes growing shapeless in the cauldron sent up each its separate spurt of steam, coloured according to the fish or flesh consumed. Here, aglow from underneath, were dark red clouds, such as might drift from dark jars of sacrificial blood; there the vapour was dark indigo gray, like the long hair of witches steeped in the hell-broth. In another place the smoke was of an awful opaque ivory yellow, such as might be the disembodiment of one of their old, leprous waxen images. But right across it ran a line of bright, sinister, sulphurous green, as clear and crooked as Arabic—”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.