チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第259回

私がそう考えたのは、屋根の下の真っ暗な屋根裏部屋を手さぐりしながら進み、小さな梯子をつたって降り、屋根裏部屋のしたにある広い部屋にでたときであった。しかし、梯子をなかばまで進まないうちに、ふと立ちどまると、私も後戻りをしようかとしばらく思案した。私の友人が出発点の庭の塀から後戻りをしたように引き返すのだ。そのとき浮かんだサンタクロースの名前のおかげで我にかえった。なぜサンタクロースがやって来るのか、なぜ歓迎されるのかを思い出したのだ。

 

“I thought this as I groped my way across the black garret, or loft below the roof, and scrambled down the squat ladder that let us down into a yet larger loft below. Yet it was not till I was half-way down the ladder that I suddenly stood still, and thought for an instant of retracing all my steps, as my companion had retraced them from the beginning of the garden wall. The name of Santa Claus had suddenly brought me back to my senses. I remembered why Santa Clause came, and why he was welcome.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.