チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第275回

スミスにはこのことを告げたり、記録したりする方法が他に思いつかなかったものだから、その頃にはすっかり他人となっていた旧友に電報を送って、「二本足の男を見た、いやはや(ザ・マン・ワズ・アライヴ)」とだけ伝えた。

楽観主義が放たれてロケットのように噴出して星に突っ込んだそのときに、彼は恋におちた。たまたまであったが、彼は高く、険しい堤防にむかってカヌーから銃をうち、自分が生きているということを証明しようとした。でもすぐに疑念がわいてきて、その生きているという事実が継続しているのかと疑っている自分に彼は気がついた。さらに悪いことに、彼はボートに乗っている無邪気なレディも同じように危険にさらしたことにも気がついた。つまり彼女は哲学的な否定の告白もしていないのに、死に至りそうになった。彼は息をきらしながら謝罪して、荒々しく、ずぶぬれになって苦労しながら彼女を岸に戻した。とにかく、彼女をあやうく殺しかけたときと同じ性急さで、彼は彼女と結婚した。彼女こそが、緑の服に身をつつんだレディで、私が先ほど「おやすみなさい」と声をかけたレディであった。

 

Smith could think of no other way of announcing or recording this, except to send a telegram to an old friend (by this time a total stranger) to say that he had just seen a man with two legs; and that the man was alive.

“The uprush of his released optimism burst into stars like a rocket when he suddenly fell in love. He happened to be shooting a high and very headlong weir in a canoe, by way of proving to himself that he was alive; and he soon found himself involved in some doubt about the continuance of the fact. What was worse, he found he had equally jeopardized a harmless lady alone in a rowing-boat, and one who had provoked death by no professions of philosophic negation. He apologized in wild gasps through all his wild wet labours to bring her to the shore, and when he had done so at last, he seems to have proposed to her on the bank. Anyhow, with the same impetuosity with which he had nearly murdered her, he completely married her; and she was the lady in green to whom I had recently said `good-night.’

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.