チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第276回

彼らはハイベリー近くの、細長い家に落ち着いた。細長い家としか言いようのない建物である。スミスは結婚したと厳密な定義でも言うことが可能であり、しかもその結婚は幸せなものであり、妻より他の女を気にすることもなければ、家より他の場所を気にすることはないようには思えたけれど、それでも身を落ち着けたとは言い難いものがあった。「僕はとても家庭的な人間なんだ」彼は重々しく説明した。「ティーの時間に遅れるくらいなら、割れた窓から入ってくるくらいに」

 

“They had settled down in these high narrow houses near Highbury. Perhaps, indeed, that is hardly the word. One could strictly say that Smith was married, that he was very happily married, that he not only did not care for any woman but his wife, but did not seem to care for any place but his home; but perhaps one could hardly say that he had settled down. `I am a very domestic fellow,’ he explained with gravity, `and have often come in through a broken window rather than be late for tea.’

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.