チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第277回

彼は自分の魂を笑いで鞭うち、眠り込んでしまうのを防ごうとした。彼のせいで妻は素晴らしい召使たちを失ってしまったのだが、それは彼がまるでまったく他所者として扉をノックして、スミス氏はここに住んでいるのか、どんな類のひとかと訊いたからだ。ロンドンの一般的な使用人は、このように極めつけの皮肉を言う主人に慣れていない。そうした振る舞いは、自分自身にも、他の人について感じるのと同じ興味を覚えるせいだと妻に説明しても理解しえもらえなかった。

「たしか、スミスという男がここにいると思うんだが」彼はすこし妙な話し方をした。「このテラスハウスのひとつに住んでいるらしい。本当に幸せな男だと思うが、まだ会ったことはない」

 

“He lashed his soul with laughter to prevent it falling asleep. He lost his wife a series of excellent servants by knocking at the door as a total stranger, and asking if Mr. Smith lived there and what kind of a man he was. The London general servant is not used to the master indulging in such transcendental ironies. And it was found impossible to explain to her that he did it in order to feel the same interest in his own affairs that he always felt in other people’s.

“`I know there’s a fellow called Smith,’ he said in his rather weird way, `living in one of the tall houses in this terrace. I know he is really happy, and yet I can never catch him at it.’

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.