チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第282回

「ああ、なんて神聖な!」モーゼス・グールド氏は言った。

彼が言ったそのとき、他の者たちは自分たちが服従と同意からなる信仰心のようなものにかられていることに気がついた。なにかが、ひとまとめに縛りつけていた。手紙の最後の二つのことば、「あなたの忠実なる」という聖なる伝統のような、なにかに。心揺さぶる、少年らしい当惑をいだきながら、イングルウッドはその手紙を読んだ。彼は、不可知論者のような、感じやすい畏敬の念をいだいていたからだ

 

“Oh, ‘oly, ‘oly, ‘oly!” said Mr. Moses Gould.

The instant he had spoken all the rest knew they had been in an almost religious state of submission and assent. Something had bound them together; something in the sacred tradition of the last two words of the letter; something also in the touching and boyish embarrassment with which Inglewood had read them— for he had all the thin-skinned reverence of the agnostic.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.