チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第284回

「野蛮な言い方はよせ」マイケル・ムーンは低い声で言った。

メアリーのほうに目をむけた者は誰もいなかった。だがイングルウッドは食卓ごしにイノセント・スミスに視線をはしらせた。彼は手慰みにいじっている紙のうえに身をかがめていた。その額には皺がよっていて、不安のせいでできた皺のようにも、面目のなさゆえにできた皺のようにも思えた。彼は細心の注意をはらいながら、複雑なかたちをした紙片の角をひっぱると、別のかどに折り重ねた。やがて皺は消え、彼も安堵したかのように見えた。

“Don’t be a brute,” growled Michael Moon.

None could lift their eyes to look at Mary; but Inglewood sent a glance along the table at Innocent Smith. He was still bowed above his paper toys, and a wrinkle was on his forehead that might have been worry or shame. He carefully plucked out one corner of a complicated paper and tucked it in elsewhere; then the wrinkle vanished and he looked relieved.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.