チェスタトン 「マンアライヴ」二部三章第285回

3章 堂々巡りをしたことになるのか、それとも別居の告訴になるのか

 ピムは心底当惑して立ち上がった。アメリカ人なので、彼はレディをたしかに敬っていたけれど、科学的に説明をつけられるものではなかったからだ。

「却下します」彼は言った。「細心の注意をはらいながらの、とても騎士らしい抗議なんですが。それも同僚グールドの演説のセンスのせいでなされた抗議ではありますが。そして皆さんに謝罪します。私たちは真実を荒々しく求めましたが、皆さんにはこんな封建国家の廃墟には相応しくないように思えるでしょうから。それでも思うのですが、私の同僚グールドの問いかけは、けっして適切さを欠いたものではないと。被告人スミスに対する最初の告訴は、押し込み強盗の件についてのものでした。書類上、次の告訴は重婚についてのものです。弁護側は、この最初の告訴について弁護しようとしますが、弁護することで次の告訴を認めてしまったことは疑いようもなく明らかなのです。イノセント・スミスは押し込み強盗の告訴をされています。もしかしたら、それは感情が一時的に爆発したものなのかもしれません。でも未遂ではありますが、彼は重婚をしようとしたのです。パーシー牧師補からの手紙をどう受けとめるか次第ですが。弁護側は、どのようにしてパーシー牧師補からの手紙を手に入れたのでしょうか? 囚人から直接入手されたのでしょうか?」

The Round Road;
or, the Desertion Charge

Pym rose with sincere embarrassment; for he was an American, and his respect for ladies was real, and not at all scientific.

“Ignoring,” he said, “the delicate and considerable knightly protests that have been called forth by my colleague’s native sense of oration, and apologizing to all for whom our wild search for truth seems unsuitable to the grand ruins of a feudal land, I still think my colleague’s question by no means devoid of rel’vancy. The last charge against the accused was one of burglary; the next charge on the paper is of bigamy and desertion. It does without question appear that the defence, in aspiring to rebut this last charge, have really admitted the next. Either Innocent Smith is still under a charge of attempted burglary, or else that is exploded; but he is pretty well fixed for attempted bigamy. It all depends on what view we take of the alleged letter from Curate Percy. Under these conditions I feel justified in claiming my right to questions. May I ask how the defence got hold of the letter from Curate Percy? Did it come direct from the prisoner?”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.