チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第288回

イングルウッドは、その場所をよく知っていた。健康のために自転車を走らせ、二十回ほど通り過ぎたことがあったからだ。通りがかるたびに、そこは何かが起きそうな場所だとかすかに感じた。だが彼が心底震えているのは、怖ろしい友達なのか、あるいは敵なのか分からないスミスが、いつ何時、頭上の庭の茂みにあらわれたかもしれないと感じているからであった。庭師の説明は、牧師補とはちがって、派手な形容詞はなかった。しかしながら文に書けば、ひそかにたくさんつぶやいたのかもしれなかった。庭師がただ語ったことは、ある朝スミス氏は姿をみせると熊手で遊び始めたが、それはしょっちゅうしていることだった。ときどき彼は上の子供の鼻をくすぐったりすることもよくあったー彼には二人の子供がいたー。ときどき彼は木の枝に熊手をかけて、運動をするような勢いで熊手をつかんで木を登ったが、それは巨大な蛙が最後の苦しみにのたうちまわっているかのようだった。

 

Inglewood was sure of the place; he had passed it twenty times in his constitutionals on the bicycle; he had always dimly felt it was a place where something might occur. But it gave him quite a shiver to feel that the face of his frightful friend or enemy Smith might at any time have appeared over the garden bushes above. The gardener’s account, unlike the curate’s, was quite free from decorative adjectives, however many he may have uttered privately when writing it. He simply said that on a particular morning Mr. Smith came out and began to play about with a rake, as he often did. Sometimes he would tickle the nose of his eldest child (he had two children); sometimes he would hook the rake on to the branch of a tree, and hoist himself up with horrible gymnastic jerks, like those of a giant frog in its final agony.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.