チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第289回

あきらかに、彼は熊手を適切な使い方にもとづいて使おうとは考えなかった。そしてその結果、庭師は冷ややかに、そっけなく、彼の行動について語った。それでも庭師には自信があったが、十月のある朝、家の角を曲がりながらホースを手にしているとき、スミス氏が芝生に立っている姿を見た。スミス氏は赤と白の縞の上着を着ていたが、それはゆったりとしたスモーキング・ジャケットだったのかもしれないけれど、パジャマのようでもあった。庭師は、彼がすぐさま妻に呼びかける声を耳にした。彼女は寝室から庭園をながめていた。その声はきっぱりとしていて、騒々しかった。

「もうこれ以上ここにいるつもりはない。ここから遠いところで別の妻をもらい、もっといい子供たちを授かっている。もう一人の妻の髪のほうがずっと赤いし、もう一人の庭師の方が庭をもっと素敵にしている。だから、そっちの方へ行くんだ」

 

Never, apparently, did he think of putting the rake to any of its proper uses, and the gardener, in consequence, treated his actions with coldness and brevity. But the gardener was certain that on one particular morning in October he (the gardener) had come round the corner of the house carrying the hose, had seen Mr. Smith standing on the lawn in a striped red and white jacket (which might have been his smoking-jacket, but was quite as like a part of his pyjamas), and had heard him then and there call out to his wife, who was looking out of the bedroom window on to the garden, these decisive and very loud expressions—

“I won’t stay here any longer. I’ve got another wife and much better children a long way from here. My other wife’s got redder hair than yours, and my other garden’s got a much finer situation; and I’m going off to them.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.