チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第290回

こう言いながら、彼は熊手を空めがけて放り投げーその熊手はかつて大勢の人々が放った矢よりも高いところまで飛んでいったー、そしてふたたび熊手をとらえた。それから駆け足で生垣をはらい浄めると、下の小道に降り、帽子もかぶらないで道を進んでいった。その叙述の大半は、イングルウッドがたまたまその場所を覚えていたことからきていた。彼が心の目で見たのは、背が高く、帽子をかぶっていない人物が、ぎざぎざの熊手を手に、くねくねとした森の小道を意気揚々と歩き、街灯も、郵便ポストも通り過ぎていく姿であった。

 

With these words, apparently, he sent the rake flying far up into the sky, higher than many could have shot an arrow, and caught it again. Then he cleared the hedge at a leap and alighted on his feet down in the lane below, and set off up the road without even a hat. Much of the picture was doubtless supplied by Inglewood’s accidental memory of the place. He could see with his mind’s eye that big bare-headed figure with the ragged rake swaggering up the crooked woodland road, and leaving lamp-post and pillar-box behind.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.