チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第291回

しかし庭師の説明によれば、彼が誓いをたてて告白しようとしたのは重婚のことやら、空に放り投げられた熊手が一瞬消えたことやら、道を歩いていた男が最後に消えたということであった。さらに地元の男ではあるけれど、スミスが南東の海岸に乗り出していったという噂以外には、彼について知っていることはないと誓いをたてた。

 

But the gardener, on his own account, was quite prepared to swear to the public confession of bigamy, to the temporary disappearance of the rake in the sky, and the final disappearance of the man up the road. Moreover, being a local man, he could swear that, beyond some local rumours that Smith had embarked on the south-eastern coast, nothing was known of him again.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.